全教学館学習塾校長の紹介

初めまして全教学館校長の辻浩司です。

全教学館校長の辻と申します。私は塾(進学塾、体験塾)の講師、サポート校(不登校、中途退学者を受け入れる高校)の講師などいろいろな教育機関で30年間、1500人以上の生徒と出会い、多くのことを学びました。『子供達から得た知識、長年の経験を子供たちの為に役立てることができれば』との思いから全教学館を開校することになりました。

わたくし辻が提案する教育、塾の存在とは、

『勉強は何のためにするのか?。』成績を上げるため、入試のため、就職のため、いろいろあると思いますが、私は『生きるために不可欠なもの』ではないかと考えます。勉強して知識を得ることによって、判断力、適応力、集中力、忍耐力等、様々な能力が身に付きます。しかし、『勉強はしなければいけないもの。』とわかっていながら、やる気が起こらない。部活のせいにしたり、先生のせいにしたり、嫌いな科目だから、あるいは、何をしていいかわからない、勉強の仕方がわからない等。様々な要因で勉強ができない子供達が多いと思います。やはり根底にあるものは、『わからないこと、できないことがわからない』。ではないでしょうか。このような状態で勉強していても砂上の楼閣になってしまいます。波が来たら一瞬で消えてしまう、テストが終わったら全て忘れてしまう。多くの子供達はこのような状態ではないでしょうか。全教学館では、逆戻り学習を取り入れています。高校生では中学生の内容、中学生では小学生の内容に戻って学習することができます。まずは、わからなことを見つけることから始めましょう。

学習塾として生徒の為に考える力を学習する